二重記念美を使ってまぶたが熱いという人や、痛みがあるという人は「副作用かな…」と不安に感じているでしょう。

 

今回は、二重記念美の成分を元にまぶたが熱いという人や痛いという人の原因に迫ります。

 

二重記念美でまぶたが熱いのはなぜ?

 

二重記念美でまぶたが熱いと感じた人は、やはり副作用やアレルギーの可能性が高いです。

 

二重記念日には、まぶたが温かくなるような血行促進の成分は入っていないので炎症でまぶたが熱い可能性が高いからです。

 

炎症を起こす可能性が高い成分としては、エタノール、変性アルコールなどの消毒・殺菌作用のある成分です。

 

これらの成分にアレルギーを持っている人はまぶたが熱いと感じる可能性があるので、無理に使用を続けてはダメです。

 

別の部位でパッチテストを必ず行ってからまぶたに塗るようにしましょう。

 

まぶたが痛いのは副作用かまぶたの突っ張っているから

 

二重記念美で、まぶたが痛いと感じた人は、副作用もしくはまぶたが突っ張っている可能性があります。

 

ヒリヒリして痛む場合は、副作用で成分が肌に合っていない可能性があるので、無理に使用すると危険です。

 

使用を中止して、おかしいと感じたら皮膚科の受診をオススメします。

 

まぶたが突っ張っているというのは、二重記念日を使って眠るので「まぶたが引っ張られて痛い」という症状ですね。

 

慣れてくれば痛みも感じにくくなりますが、もし痛みが強いという場合はノリの量が多すぎていないか確認してみてください。

 

ほんの少し薄く塗るだけなら、そこまで突っ張り感が出ることもないと思います。ご自身で量を調整してみてくださいね。

 

まとめ

二重記念美でまぶたが熱いという人や、痛みがあるという人は痛みの原因がアレルギーや副作用である可能性があるので注意しましょう。

 

なぜなら、二重記念日には血行促進の成分などは入っていないからです。

 

また、まぶたが突っ張った感じの痛みがある場合はノリを塗る量を調整して使ってみると痛みが和らぐ可能性があります。

 

まぶたが熱い、痛いというサインがどのような原因から来ているものなのかをまずは確認しましょう。

 

原因がわかれば対策もしやすいですよね。

 

熱い、痛いから症状が進行している場合は、自己判断せず皮膚科を受診されることをオススメします。

 

その際は、二重記念美のパッケージを持っていくと成分について見てもらえるので原因を特定してもらいやすいと思います。

 

まぶたに塗る前には必ずパッチテストを行い異常がないかを確認するようにしてくださいね。

 

二重記念美は安全な成分で作られています!危険なんて嘘!その真相はコチラ!

 

二重記念美日は本当に安全なのか気になっている人もいるでしょう。まぶたに使うものなので、危険なものなら使いたくないですよね。

 

二重記念日は普通アイプチやアイテープよりもずっと安全です。今回は二重記念日の成分を詳しく見ていき、その安全性に迫ります。

 

二重記念日は安全なの?配合成分とは?

二重記念日は、安全性が高い二重アイテムです。

 

まぶたが痛くなったという人も中にはいますが、アイプチなどと比較するとその数は圧倒的に少ないです。

 

でも、どんな成分が入っているのかがわからないと安全なのか疑わしいですよね。配合成分を詳しく見ていきましょう。

 

接着剤・皮膜形成

(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマーと、PVP(ポリビニルピロリドン)は接着剤・皮膜形成としての効果があります。どちらも安全な成分です。

 

保湿

ヒアルロン酸、PCA-Na、乳酸、BGは保湿成分です。どれも低刺激で保湿効果が高いことで知られています。

 

美容成分

ユズ果実エキス、オウゴン根エキス、フラーレンは保湿効果がある美容成分です。

 

ユズ果実エキスというのは、人の肌のセラミドに近い成分で肌のバリア機能を高め保水効果が期待できます。

 

フラーレンは活性酸素を除去し、シミやシワを防ぐ効果が高いです。

 

殺菌・防腐

エタノール、変性アルコールはやや皮膚刺激が強いのでアルコールにアレルギーがある人や敏感肌の人は注意しましょう。

 

メチルパラベンは、パラベンと言われるもので防腐剤の効果があります。

 

フェノキシエタノールも同様の効果があります。

 

二重記念日が危険だという人はなぜそう思った?

二重記念日が危険だと感じた人は、副作用でまぶたに炎症が出た人でしょう。

 

先ほど見てきた成分の中で殺菌効果があるエタノールは、アルコールなので敏感肌の人やまぶたに傷がある人、アレルギーがある人にはやや刺激が強いので危険だと感じたのではないかと思います。

 

まとめ

今回は二重記念日の配合成分を詳しく見ていき、安全性について検証していきました。

 

危険だと感じた人は、おそらく殺菌効果があるエタノール(アルコール)で炎症を起こした人ではないかと考えられます。

 

それらにアレルギーがない、普通肌の人が使う分には一般的な成分で問題はありません。

 

どちらかというと、天然ゴム(ラテックス)を使用しているアイプチ類の方が成分的には強く炎症を起こしやすいと言われています。

 

したがって、二重記念日は基本的に安全なものです。

 

ただし、アレルギーがある人や敏感肌の人はご注意ください。

 

二重記念美でまぶたが伸びる?荒れた人もいるとか・・荒れない方法はある?

 

二重記念美は、普通のアイプチのように天然ゴムのラテックスを使用していないのでまぶたへの刺激は少ないと言われています。

 

しかし、それでもまぶたが伸びたり、荒れたという人がいます。

 

どんな物でも合う合わないはありますよね。副作用の口コミはどういったものがあるのかと、まぶたが伸びたり、荒れない方法をご紹介します。

 

二重記念美でまぶたが荒れたという口コミは?

二重記念美で「まぶたが荒れた」という口コミが数件見つかりました。低刺激で美容成分を含んでいるのが特徴ですが、エタノールなどの殺菌効果がある成分にアレルギーがある人や敏感肌の人、傷がある人はまぶたが荒れる可能性があるので注意しましょう。

 

Aさん:まぶたが痛くて目も染みる感じがあります。

Bさん:まぶたが赤く炎症を起こしてしまいました。

 

二重記念美でまぶたが伸びたり、荒れない方法はある?

パッチテストは必須

アレルギー体質の人、敏感肌の人、まぶたに傷がある人は副作用が出る可能性があることをお伝えしましたがそうでない人もパッチテストは必ず行いましょう。

 

まぶたに塗る前に別の箇所で試して様子を見ておけば安心ですね。

 

寝ている間だけ使用する

二重記念日は、寝ている間に使うアイテムです。

 

しかし、接着力もあり美容成分も入っているからと日中もアイプチと同じように使っている人もいます。

 

1日中付けていると、その分まぶたが荒れる可能性が高くなります。

 

使用時間は短めに、寝ている間だけ使用するようにしましょう。

 

クレンジングはしっかり行う

二重記念美は「水やお湯だけでは落ちにくい」という声があります。

 

落ちにくいからとそのまま放置したり、手や爪で擦ったりして無理に落とそうとするとまぶたが荒れる可能性が高くなります。その際に強く擦ったりすることでまぶたが伸びてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

お湯を浸したコットンや、蒸しタオルなどを使ってまぶたをふやかした後、クレンジング剤で目元を優しく洗い流すと落ちやすくなります。クレンジング効果の高い化粧落としなどを使って優しく落としましょう!

 

まとめ

二重記念日は、アイプチのように天然ゴム(ラテックス)が使われていない分、刺激が少ないことで知られていますがそれでも体質によっては副作用でまぶたが荒れる人がいます。

 

そういった症状を未然に防ぐには、パッチテストを行うことが大事です。そして、長時間つけっぱなしにしないように付ける時間の工夫も必要です。

 

顔を洗っていても二重記念日が落ちていなければ、長時間つけっぱなしにしているのと同じです。

 

まぶたを温めてふやかした後、クレンジングを使って落とすと綺麗に落ちるのでオススメです。対策をしっかりしておけば安心してお使いいただけます。

 



>>二重記念美公式サイトはこちら!


★二重記念美公式サイト★