二重記念美の使い方を徹底解説!

 

二重記念美には、正しい使い方やコツがあります。

 

しかし、使い始めて間もない人はそういったことがわからないので「使い勝手が悪い」「上手くいかないから使うのをやめよう」と思ってしまいます。

 

買って早々、使う気がなくなってしまうなんてもったいないですね。

 

今回はそんな人たちの為に正しい使い方とコツを伝授します。

 

二重記念美を使う前の下準備とは?

二重記念美は、最初の下準備も大事です。

 

何をすればいいかというと、まぶたの水分と油分を取っておくことなんです。

 

二重記念美を使うのは寝る前なので、お風呂上がりという人がほとんどですよね。

 

だから「まぶたは濡れていないし、油っぽくもない」と感じるでしょう。

 

でも、お風呂上がりには化粧水や乳液で保湿する人が多いですよね。

 

それがまぶたの水分と油分の原因なんです。

 

水分はタオルやティッシュで拭き取れますが、油分を取るにはあぶらとり紙が必要です。

 

それをするかしないかで二重記念日の持続性が変わってきます。面倒だと思わずにやってみてください。

 

二重記念美の使い方は?

下準備が終わったら、いよいよ二重記念美の出番です。

 

まずはノリを塗る前に二重のラインをスティックで形をつけてみましょう。

 

二重幅は欲張ってはいけません。

 

線に沿って薄く細く、短めに液体を塗っていきます。

 

まぶた全体に塗ったり「量が少ないかな?」と何度も重ね付けをしたりするのはダメです。

 

取れやすくなる原因になります。

 

それから、少しまぶたをポンポンと抑えてスティックで押すだけです。

 

押し込んだまま少し時間をおくと完成です。

 

上手くできない人にアドバイス

二重記念日で失敗するという人は「ノリの量は少なめに!」と覚えておいてください。

 

ノリの量が多いと、乾いてきた時に「白っぽいカスがポロポロと取れてくる」という声が目立ちます。

 

他の二重アイテムと比較しても、乾燥が早いのでスティックを押すタイミングは少し早めだと思っておいた方がいいでしょう。

 

乾燥するので、すぐに蓋をするようにしないとノリが固まって使えなくなってしまうのでそこも注意しておいてくださいね。

 

まばたきをしたり、何度もスティックで抑えたりしないことが使い方のコツです。

 

まとめ

二重記念美をせっかく買ったのに、使いこなせていないという人がいます。

 

なぜなら、正しい使い方やコツがわかっていないからです。

 

しかし、まぶたの水分・油分を取っておくということやノリの量が肝心だということは知っておけば今すぐに試すことができますよね。

 

他の二重アイテムと比較すると、ノリが乾燥しやすいというのが二重記念日の特徴です。

 

乾かす時間が短くて済む分、扱う際にはモタモタせずに素早くスティックで抑えないと取れやすくなります。

 

それに、容器の中のノリも乾燥しやすいので開けっ放しはNGです。

 

慣れてくればさほど難しくないので、頑張ってみてくださいね。

 

 

二重記念美で失敗、すぐ取れる、うまくできない人はコチラ!

 

二重記念美は、使い始めてから間もない人はコツが掴めないので「すぐ取れる」「うまくできないじゃん!」とイライラしてしまう人もいるでしょう。

 

そんな人たちでもコツがわかれば、きちんと出来るようになるので練習してみてください。

 

せっかく買ったものなので、上手に使いこなせるように私がレクチャーします。ぜひ最後までご確認くださいね。

 

二重記念美の失敗を防ぐには?

二重記念美の失敗を防ぐには、回数を重ねて練習することが大事です。

 

しかし、容量は8mlしか入っていない上に価格も高いのでそう何度も失敗していてはもったいないですよね。

 

これまで普通のアイプチを使ったことがないという人は普通のアイプチで練習してみることをオススメします。

 

そうすれば、付け方のコツがある程度掴めるようになります。

 

二重記念美のノリは乾きやすいので注意

二重記念美の口コミを見ていると「ノリが乾燥するのが早い」という声が目立ちます。

 

筆をまぶたの上に滑らせた後は、透明になってきたらすぐにスティックで押し込むようにしましょう。

 

塗った後に時間を取りすぎてしまうと取れやすくなってしまうので注意してくださいね。

 

乾燥で「白くパリパリになる」という人は、ノリを塗る量を減らしてみると取れにくくなるので試してみてください。

 

何度か試してみてノリの量や、スティックで押すタイミングを掴んでみてくださいね。

 

うまくできない人にコツを伝授

二重記念美を使ってもうまくできないという人は、準備をしっかりしてみてください。まず、まぶたの上の水分と油分をしっかり落としましょう。

 

水分はティッシュやコットンで拭き取り、油分はあぶらとり紙で拭きます。

 

ここをしっかりしておくと、落ちにくくなります。それから、二重のラインを作る時の注意点は幅を欲張ってはいけません。

 

スティックで押したら何秒か時間を取ってみてください。目尻まで抑えておくと取れにくいのでオススメです。

 

まとめ

二重記念日はアイプチなどを使ったことがない人は、使い方がわからなくて苦戦する可能性があります。

 

お値段も決して安いわけではないので、使用感に慣れていない人はまずは普通のアイプチで練習してみるとコツがわかると思います。

 

すぐ取れるという人やうまくいかない人は、まぶたの水分・油分を落としてしっかり下準備を行ってみてください。

 

ノリは乾燥しやすいので、完全に乾ききってしまう前にスティックで押し込むことが取れにくくするコツです。

 

毎日使っていくとノリの量やスティックで押し込むタイミングなどもわかってくると思います。

 

慣れないうちは上手にできなくて腹が立つかもしれませんが、頑張ってみてくださいね。

 



>>二重記念美公式サイトはこちら!


★二重記念美公式サイト★